釧路開発建設部今年度6回目の特殊車両の取締りを実施

カテゴリー/ 特殊車両取締り状況 |投稿者/ 行政書士おち事務所
2015年10月03日

平成27年9月29日、釧路開発建設部は、道路構造の保全や交通の危険防止を目的として、北海道川上郡標茶町の一般国道391号標茶町ルルラン駐車場で今年度6回目の特殊車両の取締りを実施しました。

調査した車両全5台のうち、道路管理者の許可を得ずに通行していた3台に対し警告
の処分を行いました。

■実施日時       平成27年9月29日(火)10:00~12:00

■実施場所       一般国道391号(標茶町ルルラン駐車場)

■取締結果       調査車両台数5台      内訳警告3台

これ釧路開発建設部発表資料(2015/09/30)

 

※北海道川上郡標茶町

標茶町(しべちゃちょう)は、北海道釧路総合振興局管内の川上郡にある町。 主に富山県、長野県からの満蒙開拓団(弥栄開拓団)の引揚者が戦後多数移住した。町名の由来はアイヌ語の「シペッチャ」(大きな川のほとり)から。総人口 7,966人 (住民基本台帳人口、2015年3月31日)。釧路市中心部から北東に約40km。町を南北に釧路川が流れ、川に沿って釧網本線、国道391号などの交通網が走る。
ウィキペディアフリー百科事典より引用

 

 

Top